これまでと違った化粧水コスメの選び方が必要…

30代の女性のガイド

30代の混合肌は20代の人と比べるとまた違った特徴があります。

多くの女性が肌の変化を感じ始める時期といわれている30代は、ニキビ跡がだんだんと消えにくくなっていたり、毛穴にファンデがどうも詰まって胃のかもしれないなどの気づきや肌がくすんで暗く見えるなどの気づきが出てきはじめる時期でもあるといえます。


そんな30代の肌には混合肌タイプの人もいます。

混合肌はフェイスラインは乾燥しやすいけれども、鼻やTゾーンは皮脂などもあってテカリなどが気になるといった、乾燥肌とオイリー肌が混ざった状態の肌なのです。

部分的には皮脂量が多いけれども、乾燥肌の要素もあるという肌なのです。


肌は年齢と共に変化していくものだといわれています。

そのため、これまでなら自身に合っていた化粧水も、最近どうも満足いかないような気がするという変化はあるといえます。

そんな時、どうすればいいのでしょうか。

基礎化粧品はとても肌にとって重要です。

しかし、そんな変化に目をつぶっていては十分なスキンケア効果が期待できなくなってしまうのです。

また、そうしたコスメを使い続けていると肌の老化を早めてしまうということにもなりかねないかもしれません。

まずは、これまでと違った化粧水コスメの選び方が必要というような価値観のシフトが必要といえます。


30代はクスミ感などで肌が黒く見えやすくなることもこれまでよりも増えていくといえます。

そのような肌のトラブルの原因として挙げられているのは乾燥です。

30代になると20代の頃よりも肌が乾燥しやすくなるといわれています。

肌の水分量も少なくなってきて、保湿不足から肌トラブルが起こりやすくなります。

混合肌の人はオイリー肌の部分もありますが、オイリー肌の原因も乾燥だといわれているのです。

そのため、30代の混合肌は特に乾燥対策がしっかりとできる化粧水を選ぶということが大切なのです。


化粧水を洗顔後に使用しますが、洗顔後はどんどんと肌の表面から水分が失われるといわれていますので、より保湿力の高い化粧水を選んで、洗顔後にすぐに肌につけて水分を補うようにしましょう。

適量を手のひらにとり、肌になじませるように使用します。

この時、手のひらの体温で乾燥しやすい部分やオイリーになりやすい部分をやさしく温めながらしっかりと保湿成分を肌の奥に届けられるようにするのはオススメです。

また、コットンを用いるのもおすすめです。

30代の混合タイプの肌にはしっかりと保湿できる化粧水を選ぶということがおすすめです。




このページの先頭へ