セラミドは肌のラメラ構造を正常に保つのも、30代が使用する化粧水にお勧めする理由の1つ…

30代の女性のガイド

30代ともなると基礎化粧品選びも、しっかり行う必要が出てきます。

なぜなら30代の肌のお手入れの仕方によって、40代・50代・60代の肌に差が生まれてしまうからです。

スキンケアで特に重要と言われているのは、「化粧水」での保湿です。

十分に潤っている肌はバリア機能が正常に働き、紫外線など外的刺激のダメージを受け難くなります。

また、肌内部の水分量をアップすることで、ツヤ感はハリ感もキープすることが可能です。

スキンケア時に必要不可欠な化粧水ですが、30代のお肌にはどのような保湿成分が入っていると良いのでしょうか。


おすすめなのが「セラミド」という、保湿成分を配合した化粧水です。

セラミドは細胞間脂質とも言われているもので、元々は人の肌細胞と細胞の間に存在しています。

この成分は水分を挟み込む働きがあり、肌にきちんと潤いをキープするという特徴があるのです。

そして、セラミドは肌のラメラ構造を正常に保つのも、30代が使用する化粧水にお勧めする理由の1つになっています。


健康的な肌の角質層は水分と脂質が交互に重な、まるでミルフィーユのような形になっているのですが、この水分・脂質・水分・脂質が重なり合っていることをラメラ構造と言います。

ラメラ構造が整っている肌はバリア機能が高く、潤いをキープする働きにも優れているのが特徴です。


バリア機能が低下してしまう要因はいくつかありますが、その1つが加齢です。

30代以降は徐々にバリア機能が低下し、シミやくすみ、シワやたるみといった年齢肌や、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こす敏感肌になるリスクが高まります。

年齢を重ねても健康的で、しかも美しい肌をキープするにはラメラ構造を意識したスキンケアが必要不可欠です。

ラメラ構造を作る効果があるセラミドは、肌の機能が衰え始める30代の肌に補いたい保湿成分と言えるでしょう。


化粧水は毎日、必ず使用する基礎化粧品です。

ずぼらでスキンケアもさぼりがち・・という人も、洗顔後にサッと化粧水を塗るだけで、ラメラ構造を整える効果が得られます。

ただ、セラミドには様々な種類があるので化粧水を選ぶ際は注意が必要です。

肌への浸透力を考えるのであれば、ヒト型のものを選びましょう。

ヒト型は保湿力や浸透力に優れており、刺激も少ないという特徴があります。

さらにラメラ構造を整える力もあるので、化粧水を購入する際にはヒト型のものかチェックするのがおすすめです。




このページの先頭へ