アンチエイジング成分は浸透力の高さもチェックして選ぶことがポイント…

30代の女性のガイド

30代は肌の質が変化する節目で、ちょっと前までは平気だったことも刺激になったり、肌が弱くなったりして元に戻らなくなってしまいます。

肌の活力や手触り、見た目などで自分でも変化を実感する年代です。

とはいってもメイクなどでカバーできるので、アンチエイジングはまだ先でいい、使うと年齢をとったと認めたようで抵抗感があるという微妙な年代でもあります。


しかし、病気でもそうですが、ちょっと気になったらすぐに対策をとれば大事にはなりませんし、回復も早くなります。

同じように肌のコンディションも早めに対策を立てて、アンチエイジングの化粧水を使うことで、肌を健康に長く保てて、長く見れば将来への肌の貯金が多くできます。

肌には弾力やハリ、潤いをキープする成分がいくつも必要です。

もともと自分で生成できる成分ですが、それも年齢とともに減ってしまいます。

それが顕著になるのが30代ですから、減って足りなくなった分を化粧水でカバーしてあげることが必要です。


とはいっても、自分の肌の内部から補うのとは異なり、化粧水で外から補うので肌の隅々まで浸透することが重要です。

アンチエイジング成分は肌の活性化や不足している成分がたっぷりですが、この配合成分のほかにも浸透力の高さもチェックして選ぶことがポイントです。

いくら高い化粧水で豊富な成分が配合されていても、肌の奥まで届かなければ意味がありません。

そのため、低分子化してあったり、浸透力の高いバランスや誘導体などで自然と引き込まれるような工夫がある化粧水もおすすめです。


また、アンチエイジング成分として、肌の老化を引き起こす酸化作用を抑えてくれる抗酸化作用のある成分も役立ちます。

しわやシミは酸化の1つですので、これを抑えてトラブル予防してくれる働きも30代にはメリットです。

紫外線を全く浴びないというわけにはいきませんし、30代は仕事に家庭にと忙しい時ですから、ストレスなども溜まりやすいです。

これもエイジングの一因になるので、その酸化物質をブロックして肌を労わる成分で元気を与えてくれる化粧水を選ぶようにしましょう。


最近は化学的な成分だけではなく、自然由来成分だけでも年齢肌を改善して健康美肌に導いてくれる化粧水も出ています。

敏感肌になっている方でも使える低刺激なのにきっちりと働きかける化粧水も多いので、無理なく使い続けてアンチエイジングケアをすることが、30代の肌の差をつける近道です。




このページの先頭へ